大久保和也さんの場合

2014_ 7_ 6_ 8_46-1

Q あなた自身のことを少しだけ教えてください。

お名前:大久保和也
お仕事:会社員

Q ファシリ塾になぜ入ろうと思ったのですか? どんなところに惹かれて入塾しましたか?

最高の居場所、という名前に最初惹かれて、その後ライブに参加してヴィジョンの一つに職場を最高の居場所にするとあり、このヴィジョンに惹かれ、更に、最高の居場所に集う素晴らしい方々と触れ合い、更に惹かれて、入塾した、というのが大まかな経緯です。

Q 6ヶ月間の通塾している期間は自身にとってどのような時間でしたか?

自分自身が変化し続けた六ヶ月です。そして現在も変化し続けてます。

Q ファシリ塾を通じてどのような学びがありましたか?

主体的に生きること、を学ばさせてもらっている(現在も進行中)と思います。場とか、自らの在り方とか、今まで生きてきている中で考えたこともなかったです。それらを考えることを通じて、職場や人間関係、そして何よりも自分自身にとても大きな可能性と夢を具現化する力を持っていることが実感できるようになった、と思います。
また、自らの本当のニーズを深く掘り下げること、他者の本当のニーズも想像の中で掘り下げて省察できるようになったことも大きな収穫でした。
2014_ 7_ 6_21_25

Q ファシリ塾を通じてどのような変化がありましたか?

思ったこと、やりたいことを自由に言い、行動できるようになったこと。これまで不必要に自分自身を責めていたが、それも誰かから習得してしまった価値観と気付き、自責がなくなったこと。価値観の全く異なる他者に対して、腹を立てることが、かなり減ったこと。

Q 今後ファシリテーションをどのように活かしていきたいと思いますか?

まだまだ全然学べていないので継続して学習したいと思っています。そのなかで、社外と社内の接点。社内のリソースの有効活用。他者を応援するための下地作りに。世代間ギャップを埋めるタネに。など活用のアイデアは尽きない感じです。

Q あなたが今この瞬間思うファシリテーションとは何ですか?

勇気。一歩を踏み出す、これまで培った既成概念や人間関係を打ち破る、希望ある未来を創り出す、ための勇気。

Q 最後にあなたは、どんなファシリテーターになりたいですか?

人々を元気にする、励ます、なんとなく楽しい、今までと違う明日を迎えられそうな、エンターテイナー?、ファシリテーターであり続けたいです。

2014_ 7_ 7_ 7_52